2020年2月の帰国中止(延期)についてのご報告

2020年2月20日 § コメントする

本来ならば、ちょうど今頃はミネアポリス空港にいるはずでした。今回の日本への帰国を中止(延期)とした件について、ご報告します。

招聘をいただいていました各方面関係者のみなさま、そのほか開催予定であった勉強会にご参加を決めてくださっていたみなさまには、それぞれ誠心誠意コミュニケーションを取らせていただき、前向きにご了承をいただきました。お一人お一人のご理解と、あたたかいお言葉が心に沁みました。

一年に数回、日本へ帰国していますが、帰国は私にとって大きな楽しみであり、その度に多くの方とともに学ぶ機会を持つことは、私の大きな喜びです。帰国のキャンセルは、私にとって簡単な決断ではありませんでした。決断に至った背景をここに共有したいと思います。

これまで、コロナウイルスの被害状況についての情報は、早くから各方面の情報をモニタリングしていました。一般メディアのみならず、日本政府、アメリカ政府の発表、日本のアメリカ大使館の情報、アメリカのCenters for Disease Control and Preventionの情報、他にも、カナダ政府やイギリス政府の出している日本への渡航アドバイザリーなど、かなり多方面の情報発信を検討してきました。 その上で、今日本へ渡航するのは、できることなら避ける方が良い、という結論に達しました。

私がその決断をした先週のタイミングでは、世論的には「イベントをキャンセルするなんて迷惑だ」という考え方も多くあったと思います。ここ数日で、東京マラソンなどをはじめ、イベントの部分的、全体的なキャンセルが検討、発表され始めていますね。

大きなイベントとなればなるほど、キャンセルするリスクは大きいことと思います。ウイルスへの対応に関して、多様な考え方があることも承知しています。その上で、私が私自身の帰国をキャンセルした理由は2つです。

① 講師である私がキャンセルすることで、イベント自体がキャンセルとなり、関係者および参加者の移動を中止することができる。

この考えに関しては、仕事をキャンセルすることがプロとして無責任かどうか、という議論も可能かと思いますが、私はプロとしての自分自身の評判への影響を心配するよりも、私が持てる影響力(それが小さな影響であったとしても)を人の外出・移動を最小限にすることに使うという決断をしました。私の研修にご参加予定だった方の中には、すでに新幹線や飛行機のチケット、宿泊先等を手配済みだった方もあったかもしれません。ご迷惑は承知でしたが、それでも、私は関係者各位の外出・移動を止めることを優先したいと考えました。

私がキャンセルを決めたタイミングでは、表向きには「講師の都合により中止」という名目での中止発表となりました。今後、被害状況がさらに明確になるに従い、様々なイベントの開催者側に携わる方が、公共の安心安全のために必要な決断をしてくださることを希望します。

② 私がウイルスに感染してアメリカへ持ち帰ってしまうリスクを排除する。

これには、個人的な理由と、プロとしての理由が含まれます。まず、個人的な理由としては、私には身近に自己免疫不全を持った個人が複数います。ウイルスに感染した際に重症化する可能性の高い人たちです。その人たちにウイルスを持ち帰ってしまうことは、私にはできません。

プロとしての理由は、日本から帰国後の私のカレンダーには、アメリカ国内での仕事がびっちりとスケジューリングされています。多くのクライアントの前に立って研修をおこなったり、コーチングやコンサルティングのセッションを提供する立場として、相手に「アキコは日本から帰国したばかりよね。ウイルスに感染している可能性はないのかしら?」と、不安に感じさせながら仕事をすることになります。常々、クライアントとともに安心安全な環境、学びの場をつくることを何よりも大切にしている私にとって、クライアントを不安にさせながら仕事をすることは、選択できませんでした。

ここまで、私が今回の日本への一時帰国をキャンセルした理由について書きました。これは私の考え方であり、違った方針の方もいらっしゃることと思います。どうぞ、メーカー亜希子の個人の姿勢、考え方として、お受け取りいただけましたら幸いです。

アメリカでもインフルエンザが流行しています。私も身も心も引き締めて、健康第一で過ごしたいと思います。どうぞ日本のみなさん、その他各国にいらっしゃるみなさんも、よく体を休め、よく栄養を取り、情報を見極め、出来る限りの安心安全の中で過ごしましょう。

今月お目にかかれなかった日本のみなさんとは、ぜひ近いうちにお目にかかる機会が持てますように、私も調整をしていきます。次の出会いと再会を楽しみに。

1月に帰国した際に訪れた草間彌生ミュージアムでの一枚。
1月に帰国した際に訪れた草間彌生ミュージアムでの一枚。

なんで夜更かししてんのか、っていうお話

2019年2月5日 § コメントする

Photo by DSD on Pexels.com

アホやな、ほんまに。

と、思いながら夜更かししていて、

ほっほぉー、と気が付いたことがあります。

只今、夜中の1時半です。

なんで夜更かししているのかというと、

息子が宿題をしているのです。

最近、ハイスクールの宿題やらプロジェクトやらに圧倒されて、

どうやらしばらく「宿題見ないふり」をしていたらしいのですね。

それで、ここにきていよいよ切羽詰まって、

ようやく宿題の山を切り崩しにかかっているわけです。

そんなわけで、寝不足はよくないとわかりながらも、

せっかく奮起している息子を止めずにいるここ数日。

別にね、私が隣りで一緒に起きていたからといって、

息子の手伝いができるわけでもなく、

それどころか、明日の私の仕事に支障があっては困るんです。

先に寝るよ?

という夫のほうが、ずっと合理的で、

どう考えても正しい!

明日は丸一日、びーっちり、がぁーっつり、お仕事です。

とある政府機関のリーダーシップアカデミーというプログラムで

講師を務めます。

8時~16時、集中、パフォーマンスMAXで保つ必要があります。


でもね、ふと思いました。

こんなリーダーもいていいんちゃう?

どう考えても合理的じゃない方法だったとしても、

自分の部下やチームのためになんかやっちゃう、

っていうね。

私の場合、単なる親バカ、アホな母親やなぁ、

とも言えるわけですが、

でも、もしかしたら、

こんな親の在り方も、

こんな形のリーダーシップも、

アリ

なんじゃないかと、

そんなことに気づかせてもらった

息子との夜更かしタイムとなりました。

どうやら息子は、歴史の課題を完了して、

数学の課題に移行した模様。

もうすぐ終わりそうなので、

私もこの取り留めないブログ記事をおしまいにしようと思います。

おやすみなさい。



雪国ミネソタより、新年のご挨拶

2018年1月10日 § コメントする

20180103_095132_hdr.jpg

2018年、あけましておめでとうございます。

・・・ちょっと新年のご挨拶が出遅れましたが、

『異文化感受性を育てるブログ』

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ミネソタでの年末年始は、やはり日本で過ごすのとは勝手が違い、少し寂しいものですが、「柿」を売っているのを見つけてきたり、

20171229_190251_HDR

「アジアン梨」を見つけてきたリして、

20171229_190317_HDR

気分を盛り上げていました。

今年も、アメリカで、日本で、そしてその他の国でも(?)、異文化感受性教育を広めていくために、日々精進いたします。どうぞ、お導きのほどをお願い申し上げます。

メーカー亜希子

20171229_190604_HDR

しょーもないことに付き合ってくれる間

2017年9月29日 § コメントする

「NRT・・・・成田!」

「MCD・・・・マクドナルド!」

とかってね、やらずにいられないんです。

 

なんの話かというと、車を運転中のひとり遊び。

 

ミネソタの車のナンバープレートの多くは、アルファベットが3つ入っています。

その3つのアルファベットを頭文字のように見立てて、言葉を連想するんですよね。

 

今日、高校のサッカー部の練習が終わった長男を、車で迎えに行った帰り道。

せっかく迎えに行ったのに、黙って助手席に乗りこんで、

「お疲れさま」

と言っても、

「うん」

とだけ返事して、視線は自分の携帯の画面に落としたまま。

私が持って行ったサンドイッチを黙ってパクパク。

Akiko and Noa on Thomas

こんな頃もあった~。かわいかった~。(今もかわいいけど。)

私も黙って運転しながら、赤信号でストップしました。

私たちの前に停まった車のナンバープレートに目がいく私。

 

PPY・・・・

 

「ポパイ!」

と、大きな声で私が言うと、

長男は驚いて携帯から目を上げ、私の顔を見、前の車のナンバープレートを見、

にこっと笑って、「うん」と、頷いてくれました。

 

心の中では、

ほんまにママはアホなことで喜ぶなぁ、

と呆れている部分もあるのだと思いますが(長男は関西弁では考えませんけれど)、

こうしてくだらないことに付き合ってくれている間は、

ぶっきらぼうなこの子も、大丈夫、って思えます。

 

 

相手にとって、どんな存在でありたいか。

2017年9月26日 § コメントする

仕事をする中で出会う人たち。

出会って、ご縁が深まる人も、

出会っても、別の道を進む人も、います。

 

会社という形をとって仕事をするようになってから、

来月で8周年を迎えます。

この8年で、自分でも成長したなぁ、と思うところもあり、

まだまだ未熟でこれから先は長いなぁ、と思うところもあります。

IMAG0539

 

これまでの道のりで、

自分自身のスタンスとして一貫してきたことがあります。

 

それは、相手にとってどんな存在でありたいか、

ということ。

 

コンサルティングも、コーチングも、集合研修も、

対クライアントのサービスです。

クライアントの生活や仕事の中まで

垣間見るような仕事になることも多いもの。

 

クライアントにとって、どんな存在でありたいか。

それは、

「一緒に仕事をしたい、と思われる存在」

これです。

 

私は、自分自身の仕事の専門性には自信を持っています。

新しいナレッジの収集や、洞察、分析する力にも自信を持っています。

クライアントの成功や幸せを思う気持ちは、海より深く、

クライアントの成長への信頼は、空より高く、

クライアントを目いっぱい愛しています。

 

ただ、そんなことは、すべてプロとして、私が当然持っているべき資質。

 

相手には、何が、どう、伝わっているのか。

それは別問題。

 

相手は人間。

一緒に居て、安心できるか。

自分の話を聞いてもらいたい、

相手の話を聞きたい、

と思うか。

一緒に居て、楽しいか。

一緒に居て、自己肯定感が上がるか。

一緒にいて、自己効力感が上がるか。

 

そんなようなこと。

クライアントとなる人たちは、

こういった「共創する力」を私が持っているかどうか、

しっかりと見ているんですね。

 

その上で、

「あ、この人となら仕事ができる」

と、思ってもらえるとき、私は最高に嬉しい。

 

世の中すべての人と一緒に仕事ができるわけでもなく、

すべての人に気に入ってもらえるわけでもなく、

「一緒にやろう」

と言ってくれるクライアントがいるからこそ、

私たちの仕事は成り立っているのだから。

 

これからも、もっと多くの人に、

「一緒に仕事をしたい、と思われる存在」

となれる自分になりたいと思います。


 

一般お申し込み受付中のプログラム~

リフレッシュ&リチャージ!異文化感受性を育てる2Dayワークショップ(12月8~9日)

9月いっぱい、早割価格です。⇑

 

一週間、立ち止まってみて。

2017年6月1日 § コメントする

博士論文研究のディフェンスを無事終えて、一週間が経ちました。

こんな時間を過ごしたのは、何年ぶりでしょう。10年ぶり以上かもね。

なーんにもしてない。

 

まぁ。正確に言えば、もともと入っていたコーチングセッションや会議はこなしているわけですが、私としては、これはもう、なーんにもしてない領域ですよ。

のんびり、ぼけ~~~~~っと。

久しぶりに家族のために少し丁寧に食事を作ったり、

庭の草むしりをしたり、

わんこを長い散歩に連れて行ったり。

そんな私を見て、夫は

「いいんだよ~、これまでノンストップだったんだから~」

と、のんびり構えてくれているので、すっかりのんびりしています。

春から夏に向けて次々に庭に咲く花たちに、目を向けることのできる時間。

感謝しながら写真に残しています。

嵐の前の静けさ・・・なのか?

2017年1月20日 § コメントする

明日、新しい大統領が就任する。stairs-2-light-768372-s

「自分が選んだ大統領じゃない」

という発言をよく目に、耳に、する。

私だってそう言いたい。

実際に投票権を持たない私が言えば、まったくもって、

私が選んだんじゃない!

とも言える。

でもね、いつも思うのは、社会で起きていること、

それは大統領選挙も含めて、

すべて私たち自身のリフレクションだということ。

鏡のように、映し出されている、

真っ裸にされている、

私たち、人間たちの、

愚かさ、

弱さ、

未熟さ、

醜さ。

私の友人はいつも言う。

「一事が万事」

わけのわからん大統領が誕生するということは、

私たちがわけのわからん生き方をして、

わけのわからん社会をつくっているということに他ならない。

私も不安。

不満。

じゃあどうする?

って、

自分自身から改めていくしかないということか。

気が遠くなるような道のりだけど、

そういうこと。

これから引き続き、

身の危険を感じたり、

言葉の暴力、

無言の暴力に怯えたり、

そんなリスクを以前にも増して日々感じながら

このアメリカという国で暮らしていく。

余程のことがない限り、

この先、4年間は、この大統領が国のトップとなるのだから。

今夜は、まったくもって落ち着かない。

明日は仕事のアポは入れていない。

ベストパフォーマンスの自信がないから。

明日以降、

私は何を感じ、考え、言葉にしたくなるのか、

ならないのか、

今夜の私にはわからない。

明日から、

人間の、そして私自身の、

愚かさ、

弱さ、

未熟さ、

醜さを、

社会のあちこちで、

嫌というほど目撃し、体験するのだと思う。

2016年以上に。

今年、2017年は、良い年にするんだ、

と決めているんだから、

このありえない逆境の中で

それを実現していく方法を

見出していくんだよ。

私の準備が整っていようが、いまいが、

明日は来て、

就任式は起きる。

いよいよ。

クララおばあちゃんのPoorman’s Mealが、気づかせてくれた、私の理想の人生。

2017年1月19日 § コメントする

アメリカ大恐慌を生き抜いた、クララおばあちゃんのレシピ

一袋1ドルで買ってきたポテトを工夫して食べた毎日。

 

「孫のマークとその友達が、私のpoorman’s mealが食べたいって、うちに来るのよ」

 

と、今では孫のために作っているレシピ。

 

ポテト、オニオン、油、

「傷んでいるポテトがあったら、ちゃんと食べられるところだけ切り取って食べるのよ」

火が通ってきたら、少しのトマトソースで味付け。

一番安いお肉、ホットドッグを投入。

 

仕上げにお水を少し加える。

 

「こうしてやると、孫たちのためにポテトが柔らかくなってくれるでしょ」

 

育ち盛りの息子2人を持つ身としては、なけなしの食材でお腹をいっぱいにしてやりたい、という親の(おばあちゃんの)心が沁みます。

このビデオが撮影された2007年に93歳だったということは・・・

クララおばあちゃん、100歳で亡くなった私の祖母と2つ違いの同年代。

3歳の息子(父)の手を引いて第二次世界大戦の戦火をくぐり、合計7人の子どもたちを戦後の食糧難の時代に育てた祖母。

その祖母に育てられた私。

「あっこちゃん、はよ、あんた、もっと食べ」

と、食事のたびに、もっと食べろもっと食べろ、と言った祖母でした。

食べさせる

ということが、最大、最高の、愛情表現だったのよね、おばあちゃん。

私も、そんなおばあちゃんになっていきたい。

高価な食事でなくても、

愛情を込めて、

お腹がすいている人のお腹を満たしてあげられる、

最後は(最期は)そんなおばあちゃんとして、

誰かの記憶に残るおばあちゃんになりたい。

 

100歳まで、そんなふうに生きられるといいなぁ。

それ以上に望むものなんて、ないような気がする。

 

dscn0654

「うちのママの英語はアクセントないよ」

2017年1月4日 § 2件のコメント

・・・と言って、友達に驚かれたそうです。うちの長男。

 

面白いですねぇ。

先日、友達のアダムの家に、泊りがけで遊びに行っていた長男。いつもの仲良し3人組で、冬休みになったら実行しようと以前から企画して楽しみにしていた、2泊3日のビデオゲームし放題、映画観放題のお泊り会でした。

lotus-series-01-751501-s

「どうしてママの話になったのか忘れちゃったけど・・・」

と言って長男が

今日話してくれたのは、私のアクセント(訛り)の話。

アダムが「おまえのお母さんのアクセントがさぁ・・・」というような話をするので、長男は驚いて、

「え?うちのママの英語、アクセントないよ」

と、きょとんとして返したそうなんです。

それに驚いたのがアダム。

「えー、すごい強い日本語アクセントでしゃべってるよね!」と。

私、自分でもアクセントあると思うんですよ。確かに、日本人の英語の平均的アクセントというものがあるとすれば、私のアクセントは弱いのかもしれません。ほとんどネイティブだね、と言われたことも、ないこともないです。

でもね、私は日本語アクセントの英語が良くないとは全く考えていないので、日本語アクセント丸出しで英語を話していると思うんですよ。

akiko-holding-noa
赤ちゃんだったときの長男と私。日本で暮していた頃。

この出来事で非常に興味深く思ったのは、私の英語を身近で聞いて育った長男が、私の英語のアクセントに気づいていなかった、ということ。

これはどういうこっちゃ?と、思いましたよ。

自分の母親のことは、なかなか客観的に観察できない・・・といったことなのかしらね?

 

 

今年の一文字が出てこない。

2017年1月3日 § コメントする

新しい年の初めに「今年の漢字」を決め始めてから、もう何年も経ちます。毎年、閃くんですよ。これだな!って。

昨年の元日、私に降りてきた一文字は、「光」でした。

 

akiko_maeker_%e5%85%89_-_facebook_search_-_2017-01-02_09-09-43

2016年1月1日のFacebookへの投稿

なんの脈絡もなく思いついたような一文字として始まりましたが、結局、それは偶然ではなく、たくさんの「光」にまつわる経験を重ねた一年となりました。

当時のFacebookへの投稿には、漢字の発表(宣言)にとどまっていますが(恥ずかしかったので)、2016年1月1日、私の手元のノートには、

「光として生きる」

と、書いてあります。

今年、2017年、私の漢字はまだ決まっていません。

じーっと待っているところです。

Where Am I?

異文化感受性を育てるブログプライベート カテゴリーを表示中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。