異文化感受性をひも解く勉強会(2019年秋、2回開催!)

2019年9月5日 § 2件のコメント

〈開講日時および会場〉

大阪 9月23日(祝)10:00~15:00 会場は大阪梅田駅から徒歩すぐ

東京 9月29日(日)12:30~17:30 会場は六本木駅から徒歩すぐ

根本にあるテーマは、

❤ わたしを生きる ❤ わたしを活かす ❤

異文化感受性について学び、育てることで、よりよく「わたし」という人生を生きましょう。そしてその結果として、よりよく「わたし」という存在が、そして「わたし」の働きが、世界のために活きることになります。

よりより「わたし」がよりよい「世界」に働きかける、そんな力(キャパシティ)を広げる取り組みが「異文化感受性を育てる」ということ。ご一緒にいかがですか。

ところで、そもそも・・・?

異文化感受性ってなんでしょう?「異文化」って、そもそも何だ?

異文化を「外国文化」と捉えるのではありません。

「異文化=自分と異なる存在」なんですね!

異文化感受性とは、自分と違う存在と上手に意思疎通し、

よりよい人間関係を育てていく力。

小手先の会話テクニックを覚えるのではなく、

どんな人とでもよい関係をつくっていきたいと

自然に思える自分になれるとしたら・・・?

そのためにできることってなんだろう・・・。

勉強会の前半は「異文化感受性とは何か?」を知る基礎編、後半は「異文化感受性発達理論」を学び、自分自身の生活や仕事にどう活用していくのかを探る応用編の、二部構成で学びます。

理論を学ぶ、というと、少し堅苦しく感じますか?ご心配なく。勉強会は、レクチャー形式ではなく、楽しみながら参加者全員で学習の場を創る、参加型ワークショップです。頭と心と体を使って、文化とは何か、異文化とは何か、多様性とは何か、という基本の概念から丁寧にひも解きます。集大成は、『異文化感受性発達理論』を理解し、自分自身のために活用していくヒントを手に入れること。難しそうに聞こえる理論も、具体例を交えながら学べば、身近な「使えるツール」になりますよ。

初めましての方も、ぜひコワがらずに(笑)お越しください。英語と関西弁のバイリンガルが、オモシロオカシク、しっかりお迎えいたしますから。安心安全な場を皆でつくり、楽しく学びましょう。

異文化感受性をすでに学び始めていらっしゃる方も、ぜひこの機会に復習にいらっしゃいませんか?きっと新しい発見がありますよ。2度目、3度目、4度目だからこその、基本から学び直す価値があります。

〈対象者〉

異文化感受性って、何だ~?

という方も、

また基本から復習したい~!

という方も。

〈受講費〉

2万3000円(各会場とも同額)

〈講師〉 

メーカー亜希子

米国LLCインターカルチュラリスト代表

〈勉強会内容〉

ワークショップ形式で、講師と受講者が共に学びの場をつくる、というスタイルです。

1.異文化感受性って何?をひも解く基盤をつくります。文化って?異文化って?多様性って?言葉のひとつひとつを丁寧にひも解くことで、しっかりとした理解を築きましょう。

2.異文化感受性発達理論を学びます。難しそうに聞こえる理論も、具体例やたとえ話を使えばよくわかりますよ。

3.仕事や日常生活の中で、「異文化感受性を育てるためにできること」「異文化感受性を育てることでできること」、全員での対話の中でヒントを手にしてから帰りましょう。

というステップで進めます。安心安全に、楽しく、刺激的な学びの起きる場となるようファシリテートしますので、異文化感受性について知りたい、または復習したい、という方は、ぜひいらっしゃってくださいね。

〈お申し込み方法〉

info@interculturalist.com まで、メールにてお申し込みください。メールの件名に「異文化感受性をひも解く勉強会受講申し込み」と記載の上、

①お名前、②電話番号(緊急連絡時のみ使用)、③東京もしくは大阪の会場のご希望、の3点をお知らせください。追って、受講費のお支払い方法のご案内および、詳しい会場情報をお送りします。

広告

涙あり、笑いあり、愛に溢れた真剣勝負。 そんな2日間。

2017年8月29日 § コメントする

避暑地と言ってもよいミネソタの美しい夏・・・。

なぜよりによって、その良い季節にミネソタを2週間も留守にして、日本へ行ってしまったのか・・・。

何度も自問自答しましたよ。

お仕事のお声がけをいただいたら、そりゃあ参りますとも。参りますけれどもね。

でもね、こっそりお願いします。できれば今後のお仕事は日本の真夏を避けてご依頼いただけましたら、この上なき幸せにございます。(ほんまにね、ミネソタの気候に慣れた身には、体に堪えました。)

とか、なんとか、言いながらも、思いっきり楽しんだ2週間でしたよ。大きなイベントのひとつは、

北鎌倉2Dayリトリート ~わたしを生きる・わたしを活かす~

 

最高のメンバーに恵まれ、意義深い時間を過ごしました。

集合写真

日本でリトリートを開催するなんて、私にとって初めての試み。

やりましょう!と二つ返事でタグを組んでくれたのは、青木理恵さん。会って顔を合わせたのは、リトリートの場が初めて!とは思えないパートナーシップだったと思います。

理恵さんはこんな人⇓

青木理恵
幸せの体質作り『りえずむ塾』主宰。国際コーチ連盟(ICF)認定プロフェッショナルコーチ。セラピスト。
riezumujyuku.com 

そしてそして、こちらもまたまた今年2月に初めて会ったとは思えない、旧友のような藤沢由美子さん。理恵さんと共に、一緒にやるわよぉ~と、腕まくりしてくれた由美さんでした。

由美さんはこんな人⇓

藤沢由美子
イスラエル発のクリエイティブツール-Points of You® Japan チーフディレクター。精神保健福祉士。国際コーチ連盟(ICF)認定アソシエートコーチ。 ameblo.jp/yyumicoach-pointsofyou

いや、ほんまにね、このお2人とのチームワークがなかったら、実現しなかったリトリート。企画段階から、準備段階、最終調整のあれやこれや、あれやこれや・・・本当に一緒によくがんばりました。

理恵さん、由美さん、ありがとう!Love you both!

出会う人と出会う時に出会うことになっているから。

2017年7月18日 § コメントする

帰国するたびに、思います。世界はホンマにうまいことなってるなぁ、と。

一年に1~2回しか帰国することがないので、いつも「食べたいものリスト」を作って帰るわけです。アメリカに住んでいると、日本の美味しい食べ物への思い入れが強くなります。笑

魚介類、お蕎麦、日本のお肉(ビーフね)、

ショートケーキ、生和菓子、あたりが定番。

そして、その時どきの旬のもの。8月に帰国するのは何年ぶりだろう。8月の旬の食べ物は何でしたっけね?

果物は・・・桃?かな?

あとは・・・なんだ?ウニ?

 

・・・とまぁ、こんなふうに、花より団子な私ですが、

それがここのところ、ちょっと変わってきているんですね。

04-02-11_15-40

大好きだった祖母は亡くなってしまったけれど、心の中でいつでも会えます。写真は長男が1歳だったころ。

「食べたいものリスト」にとって代わって、

「会いたい人リスト」が重要度を増しています。

お仕事の合間に、会いたい人に一生懸命会うのですが、

なかなかお会いしたい人全員に会うことは叶わず。

 

そんな中、ときどき面白いこともあります。

予定していなかったのに、とっても印象に残る人に紹介していただけたり、

この人に会ってみたい!と思っていたら、共通の友人を通してお目にかかることができたり。

 

今回は、別パターンの面白い出逢いがありましたよ。

来月の帰国にあたって、この人と会って話したいなぁ~と、思っていた人がいるんです。

連絡すればいいのですが、今回はその方のお住いの方向へ行く予定がなく、

また、お話したいなぁと思っている案件についても少し時期尚早。

と、いうことで、無理にお顔を見に行かなくてもいいね、と判断していたところ、

ちゃーんとお顔を見れました、夢の中で。

「あー、お顔を見られてよかったわ。また今度、たくさんお話しましょうね!」

と、ちゃんと夢の中でお伝えできたので、ゆっくりお話するのは安心して次回の帰国へ持ち越し。

 

会うはずの人には、会うべきタイミングで、ちゃーんと会えるようになっているもんだ、

といつも思います。いや、ほんまに。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

北鎌倉で出会うことになっているはずの方で、お申し込みを迷っている方はいらっしゃらないかしらね~。出会いを逃さないでね~。

8月11~12日の夏のリトリート、詳細はこちらから。

飛び石

青木山荘でご一緒しましょう。

自分が異質になってみる?

2017年7月17日 § コメントする

ちょっと怖いけど、やってみようかなぁ~?

どうしようかなぁ~?

やったことないけど・・・・試してみようかなぁ~?

 

・・・と、モジモジしつつ、ぐうううううーーーーーえいやっ!と、思い切って新しいことにチャレンジしてみたのは、いつ?

最近、そんなチャレンジしていますか?

about to fall in water

これは私ではありませーん。

異文化感受性とは、異質なものとの関わり方とも言えますから、

他人との関わり方のことだと思いがちですが、

意外と自分自身との関わり方の中でも必要な力なんですね。

 

「新しいことにチャレンジする自分」とは、未知なる自分に出合うということ。

 

今までとは違うやり方をしてみる、

初めてのことに取り組んでみる、

無理だと思っていたことに挑戦してみる、

苦手なことでも敢えてやってみる、

自分っぽくないかも!?と思うようなことをしてみる、

 

すべて、未知なる自分との出合いです。

 

慣れ親しんだ、これまでの自分の枠の中にいれば、そりゃあ安心。

未知なる自分=異質な存在

・・・不確定要素多し!不安!

 

そんな不安定な気持ちを抱きつつも、それでも一歩進んでみることができるでしょうか?

異質な自分を受け止めてあげられるでしょうか?

変わっていく自分に、勇気を持って向き合えるでしょうか?

 

成長は変化なしには起きません。

変化を恐れない心・・・

もっと正確に言うならば、

怖くても、怖がる心をホールドしつつ進む力。

異文化感受性の高い人は、そんな力を持っていると言えるかもしれません。

 

~新しい自分と出合う夏休み~

北鎌倉2Dayリトリートでご一緒しましょう。詳細情報とお申し込み方法はこちらからご覧いただけます。

 

 

こんなご感想をいただいています。

2017年6月24日 § コメントする

なんかね、すごーくマジメで堅苦しい人だという印象を持たれることが多いんですね。

で、お会いしておしゃべりした途端、

「え、亜希子さんって、こんな方だったんですか」

ってね。

ほんっとに、よく言われます。

「よく笑いますね」

とも、よく言われます。

Akiko and obaachan

笑い上戸は大好きだったおばあちゃん譲りです。

まぁ、これは良くも悪くも取れますが、私は良いほうに解釈しています。

思ったより気さくな人だった・・・

けっこう面白い人なんだな・・・

と、親しみをもってくださった、ということだと捉えています。

DSCN0796

さて、今年2月に帰国した際に開いたいくつかのワークショップに参加してくださった皆さんのご感想、ぜひご参考にしてください。

怖がらないで(笑)会いに来てくださいね~。8月のリトリートでお待ちしています。

『異文化感受性開発のための勉強会』受講者の声

“自分のことを振り返ることが出来ました。お話がおもしろく、とても分かりやすかったです。また受けたいです”

“異文化感受性というタイトルで、初めはどんな内容なのか?理解できるのか?と思っていましたが、とても分かりやすくご説明いただき、自分と周りに対する見方、考え方をもう一度とらえることが出来ました。伸びしろいっぱいで、これからがおもしろそうです”

『異文化コミュニケーションをひもとく勉強会』受講者の声

“すべて分かりやすかったです。Best は「異文化コミュニケーションの極意」でした。一言で表現してもらえたので、合言葉にできそうです”

“多様性という言葉が何なのか、多様性の層や自分の自己紹介とが結びついて、ようやく腑に落ちました。多様性が今まで自分から遠い言葉だったのが、近い言葉になりました。「グローバル社会」という言葉に対しても同じでした。身体を動かすワーク、自己紹介、自分が動いたり言葉を出すことで、‘自分でわかる’ことができました。教えてもらうより、体験を通してわかることが気持ちいい。すとっと落ち着きました”

大学教員向けFD研修:
『調和ある多様性の創造を目指して~あなたとあなたの組織の異文化感受性を知る~』受講者の声

“自分の発達段階を自覚できました。様々な多様性に自分が影響されていることがよくわかりました。様々な仕掛けが入った研修で、とても面白かったです。ファシリテーションの参考になりました”

“研究者、教育者として、異文化となる全ての人に、‘相手に伝わる言葉で’伝えよう、いくらでも言い換えよう、くり返し対話をしよう、と思いました。変革は急にあらわれない。花まるアイデアが出る土壌づくりが必要だと思いました。先生の教授法の緻密さがすごいと思いました。頭も心も、ふだん使っていないところを使いました”

夏の北鎌倉リトリートは、プロコーチOnlyではありませんよ~♡

2017年6月23日 § コメントする

どんどん詳細が決定して、スペシャル感が増しているこの夏のリトリート

お申し込みも順調に入ってきています。

飛び石

お問い合わせをいただいた中から、2点ほど「きちんとお伝えしなくっちゃ~~!」と気が付いたことがあったので、ここでお答えします。

まず!第一に、

今回のリトリートは、プロコーチOnlyではありませ~ん

 

私が連日ブログなどでコーチング、コーチングと言うので、誤解を生んでしまっていたかもしれません!

この夏のリトリートは、「女性向け」という設定はしましたが、職業等は問いません。

私自身がコーチをしているため、コーチングの話が多くなっていますが、リトリートの内容は、コーチに特化したものではありません。

コーチの方にはコーチングに役立つお話をしますし、コーチではない方にもそれぞれご自身の生活やお仕事、未来設計に役立てていただけるようお話しますので、大丈夫ですよ!

そして第二に!

リトリート、怖くないですよ~。

 

2日間も何するんだろう?

リトリートって、そもそも何なの?

なんていう不安な気持ちになっている方もあるかも・・・?

今回のリトリートは、

 

自分自身を見つめるための新しい視点を増やしたり、

これまで持っていなかった角度から私たちの住む社会のことを考えたり、

 

刺激的なことも学びながら、それでいて、

 

ゆっくりとココロと向き合ったり、

おいしいお菓子で休憩をしたり、

外のきれいな空気をいっぱい吸い込んだり、

 

リラックス、リフレッシュも、大切にしています。

そうだ、リトリートでご一緒する私のことも、もう少し知っていただくのも良いですね。

次回は、これまでに開いたいろいろなワークショップやセミナーに参加してくださった方の、ご感想なんかもご紹介しようかと思います。お楽しみに!

 

 

 

【勉強会】コーチング研究最前線 『異文化感受性がコーチング・コア・コンピテンシーとなる日』

2016年4月25日 § コメントする

多様性社会を生きる力「異文化感受性」の研究を始めて、もうすぐ20年が経ちます(早っ、笑)。

 

ここ数年は特に、プロコーチの異文化感受性について研究しています。私自身コーチとして仕事をしていますので、コーチングの実践者としての視点と、異文化感受性研究者としての視点との両方を持って取り組んでいます。自分で言うのもなんですが(笑)、世界のコーチング研究の最前線のお話です。

 

コーチをはじめ、様々なプロフェッショナルにとって、なぜ異文化感受性を育てることが大切なのか

 

という話、聞きたい!という方、いらっしゃいますか。

adults & youth around earth

私はアメリカ在住ですので、アメリカ国内で、レクチャーをしたり、ワークショップをしたり、ということを普段はしています。アメリカ国内外のコーチコミュニティーの中でも、異文化感受性に関心を持つ方が増えてきました。それにともなって、昨年あたりから特に、世界中のコーチの方々とお話する機会がどんどん増えています。ICF(国際コーチ連盟)のオンラインセミナーに呼んでいただいてお話したことなどもありますが、なにがもどかしいってね、

 

英語での実施では日本のみなさんに情報がなかなか届かないんです!

 

日本語で、オンラインで、ナレッジ共有をする機会をつくれば、ご興味ありますか?

コーチとして仕事をしておられる方はもちろん、それ以外の方も歓迎します。

 

各回60分で、2回にわけて、段階的にお話しようかと思っています。

5月の金曜日の朝(6:30~7:30)、お仕事前の清々しい時間帯に、いかがでしょうか。

 

2回シリーズの初回を5月20日(金)に設定したいと思います。まずは、異文化感受性ってなに?という基本の問いを押さえるために、異文化感受性発達理論の基礎からお話します。

 

2回目は27日(金)を予定しています。

 

2回目の会ではいよいよ、コーチの異文化感受性の発達レベルが、コーチングにどのような影響を与えるのか、ということについてお話したいと思います。私自身の研究から得た所見をふんだんにご紹介したいと思っています。みなさんからの質問も受け付け、より踏み込んだディスカッションをしたいと思います。

 

参加費は、回毎に3500円とします。

 

以前に私のセミナーなどに参加くださった方で、異文化感受性発達理論の基礎をすでに理解されている場合は、2回目(5月27日)のみのご参加でもかまいません。

 

お支払い方法は、銀行振り込みです。お申込みいただいた方に、振り込み先をお知らせいたします。一回ずつ(3500円)のお振込みでもかまいませんし、二回分(7000円)まとめてお振り込みいただいてもかまいません。(ただし、一度お振り込みいただいた後の返金はご容赦ください。)

 

勉強会の実施方法については、お申込みの人数により、スカイプ、もしくは電話会議システムを使用します。

 

【勉強会】コーチング研究最前線 『異文化感受性がコーチング・コア・コンピテンシーとなる日』

〈一回目〉 5月20日(金)午前6:30~7:30 『異文化感受性発達理論の基礎』

〈二回目〉 5月27日(金)午前6:30~7:30 『コーチをはじめ、様々なプロフェッショナルにとって、なぜ異文化感受性を育てることが大切なのか』

 

参加ご希望の方は、akiko@interculturalist.com まで、下記の5つの項目をメールにてご連絡ください。メールのタイトルに、「コーチング研究最前線・参加申し込み」とご記入いただければ幸いです。

 

① 氏名(フルネーム):

② ご職業:

③ 電話番号(システムトラブル時、緊急時にのみ使用します):

④ スカイプ名:

⑤ 参加希望の回:

 

お申込みをお待ちしていますね。

 

Where Am I?

異文化感受性を育てるブログ勉強会 カテゴリーを表示中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。