嵐の前の静けさ・・・なのか?

2017年1月20日 § コメントする

明日、新しい大統領が就任する。stairs-2-light-768372-s

「自分が選んだ大統領じゃない」

という発言をよく目に、耳に、する。

私だってそう言いたい。

実際に投票権を持たない私が言えば、まったくもって、

私が選んだんじゃない!

とも言える。

でもね、いつも思うのは、社会で起きていること、

それは大統領選挙も含めて、

すべて私たち自身のリフレクションだということ。

鏡のように、映し出されている、

真っ裸にされている、

私たち、人間たちの、

愚かさ、

弱さ、

未熟さ、

醜さ。

私の友人はいつも言う。

「一事が万事」

わけのわからん大統領が誕生するということは、

私たちがわけのわからん生き方をして、

わけのわからん社会をつくっているということに他ならない。

私も不安。

不満。

じゃあどうする?

って、

自分自身から改めていくしかないということか。

気が遠くなるような道のりだけど、

そういうこと。

これから引き続き、

身の危険を感じたり、

言葉の暴力、

無言の暴力に怯えたり、

そんなリスクを以前にも増して日々感じながら

このアメリカという国で暮らしていく。

余程のことがない限り、

この先、4年間は、この大統領が国のトップとなるのだから。

今夜は、まったくもって落ち着かない。

明日は仕事のアポは入れていない。

ベストパフォーマンスの自信がないから。

明日以降、

私は何を感じ、考え、言葉にしたくなるのか、

ならないのか、

今夜の私にはわからない。

明日から、

人間の、そして私自身の、

愚かさ、

弱さ、

未熟さ、

醜さを、

社会のあちこちで、

嫌というほど目撃し、体験するのだと思う。

2016年以上に。

今年、2017年は、良い年にするんだ、

と決めているんだから、

このありえない逆境の中で

それを実現していく方法を

見出していくんだよ。

私の準備が整っていようが、いまいが、

明日は来て、

就任式は起きる。

いよいよ。

広告

バタバタするほうがラク?

2016年12月2日 § コメントする

各地で目に見える混乱が起き続け、

多くの人たちの心の中で混沌とした不安と不信感が膨れ続けている、

2016年、年末のここアメリカ。

 

「何かアクションを起こさなくっちゃ!」

「今すぐ私にできることは何!?」

 

という叫びに近い声をあちこちで耳にします。

 

私はいつも、まず

「待って」

「立ち止まって」

と応えます。

 

語弊のないように言えば、

もちろん、すぐに対応をしなければならない緊急事態もあります。

 

でも、多くの場合、

いったん深呼吸をする時間があるはずなのです。

 

一旦停止。

stained-glass-windows

周りからのプレッシャーで衝動的な行動に出てしまう時は、

ベストな行動の選択肢を見逃していたりします。

 

怒りにまかせて衝動的行動に出てしまう時は、

往々にして判断を誤ります。

誤りではなかったとしても、

不必要に自分や周りをさらに傷つけることになったりします。

 

人はなぜ、衝動的行動に出ようとするのでしょうか。

そのひとつの理由は、

「何かしなくっちゃ!」

と、自分に問いかけ、周りに呼びかけ、

動き回ってさえいれば、

少なくともその間だけ、

自分の心と向き合わずに済むからです。

 

心の中に目を向けるのは、

バタバタと行動を起こすよりも、

ずっとずっとエネルギーを要する場合が多いものなんですね。

 

私は「肯定的内省」と呼んでいますが、

まず自身の心の中で起きていることに目を向け、

津波のように押し寄せる

不安、恐怖、怒り

などをしっかりと受け止めることです。

 

それが第一歩。

 

かく言う私自身も、

今回の大統領選慮結果を受けて、

日々の生活への制約

アジア人の血が混ざった息子たちの人生への不安

白人の夫と結婚していることの難しさ

異文化感受性開発という仕事へのやり切れなさ

そんなあれやこれやに苛まれ、

この一か月、心と向き合うのは容易ではありませんでした。

今も、まだそうです。

 

でも、そこに向き合うからこそ、

少しずつ、外に目を向ける準備が出来てきました。

 

12月1日になって、

さぁ、準備しよう

出て行こう

仕事をしよう

という、新しい年への「自己ガバナンス」に

手をかけようとしています。

 

あなたは、今、どこにいますか?

 

 

 

 

政治は私たちの光も闇も映し出す。

2016年12月1日 § コメントする

政見は、世界観です。

正確に言うならば、

その人の政治的見解というものは、

その人の持つ世界観を通してしか形成されないんです。

background3

世界をどう見ているか。

人間社会を誰のものだと思っているか。

 

そういった世界観が、政見に直接的に、反映されるんですね。

 

異文化感受性発達理論は、世界観理論に基づいています。

 

世界観が発達するものなのだとすれば、どうでしょう。

素晴らしく発達した世界観を持ったリーダーもいれば、

未発達な世界観を持ってリーダーとなろうとする人もいる。

 

ドナルド・トランプ氏は、未発達な世界観を持っていると

私には見えます。

異文化感受性発達理論でいうところの、

「二極化」の世界観です。

二極化の中でも、特に「防御」の世界観ですね。

 

自分に見えている通りの世界を維持したい。

それを揺るがそうとする「人」「モノ」「こと」は、排除したい。

 

そんな彼がもうすぐ大統領となるこの国。

 

彼の世界観が発達する方向へ向かうよう、

私たちが働きかけられるとすれば?

 

憎しみでは発達を促すことはできない。

慈愛の心のみが発達を促すのだから。

 

 

F**K 2016

2016年11月30日 § コメントする

ここしばらく、水中に潜っていました。

メタファーとしての水中ね。

2週間の日本への一時帰国からミネソタへ戻った、11月8日。

アメリカ大統領選挙の投票日でした。

空港に降り立って、預けた手荷物を待つ間、乗客たちはテレビの前に集まり、

無言で開票経過のニュースに見入っていましたね。

異様な光景でした。

誰が誰のサポーターかわからないから、皆、一喜一憂を顔に表すわけにもいかず・・・

私が望んでいなかった候補が大統領に選出され、

そのことの意味、これからの社会への影響、

気持ちの整理をつけ、考えをプロセスするための時間が必要でした。

だから、ソーシャルメディアからも、メディアからも離れていました。

今のところ、

パニックに陥ることもなく、

鬱に陥ることもなく、

個人的には差別的攻撃を受けることなく、

生きています。

まぁ、基本的に水面下に居ますからね、

出て行ったら痛い目にも合うでしょうけれどね。

このビデオを観て、少しスカッとしたんですよね。

で、水面上に上がってこようかねー、そろそろねー、という気持ちになってきたのですよね。

生きてますよ。

大統領に(リーダーに)望む4つの資質

2016年5月9日 § 1件のコメント

適材適所、その場、そのとき、目的に合ったリーダーシップの形があれば、それが一番良い。これこそが最高のリーダー!という、一つのリーダーシップスタイルがあるわけではありません。fractal tree

ただ、リーダー(という役割を果たす立場にある人)の、どんな資質に目を向けて、リーダーのクオリティを判断すれば良いでしょう。所説ありますが、私の表現で言うならば、以下の4つの資質が大切だと思っています。

1.Character(キャラクター)

ずばり、人柄、です。どんな人なのか、ということですね。性格や考え方のクセ、与える印象、人あたり、話し方、たくさんの事柄が、その人となりを作っているものです。リーダーにふさわしい人柄の条件が決まっているわけではありませんが、「この人はどんな人なのかなぁ」「リーダーとして信頼されてるような人かなぁ」と、まずは観察しますね。

2.Ethical Intelligence(エシカル・インテリジェンス)

倫理観、が2つ目です。あえて倫理観、という言葉を使いましたが、私の意味するところは、「倫理を追究する知力と、倫理を追求し続けることに耐えうる精神の強さ」といったことです。例えば、「正しい」という言葉を使うと、「正しさなんて、一概にこうとは言えない!」「正しさなんて、神様にしかわからない!」「正しさは、時と場合による!」・・・などなど、いろいろな意見を耳にします。私の信念は、だからこそ、「正しくある」ことにこだわり、「正しさとは何か」と問い続けることが大切ではないか、ということです。一概にこうとは言えない「正しさ」という厄介な概念・・・それを追究/追求し続ける不安定感、不確実感、に耐えられないようでは、リーダーとして立つことは難しいと私は考えています。

3.Emotional Intelligence(エモーショナル・インテリジェンス)

心の強さと柔軟さ、のことです。自分の心の声に耳を傾け、しっかりと受け止める。他者の心の声に耳を傾け、その声を聴き取ろうという努力をしっかりする。物事や人のプラスの側面に目を向け、生産的で、前向きな考え方ができる。それがなかなかうまくいかない時も、落ち込んでいたり、不調な自分を認め、ケアし、少しずつ上向きになるように工夫できる。そんなようなこと。心の許容量、もしくは燃費、のようなものでしょうか。

4.Diversity Intelligence(ダイバーシティ・インテリジェンス)

広い広い世界中に、まだまだたくさん自分の知らないことがある、ということに、絶えることない関心と敬意を持ち続けているでしょうか。自分の国や地域の中に、そして自分のすぐ身の回りにある多様性に目を向け、知ろうとしているでしょうか。自分と他者との共通点を見つけ、共感し、つながり合える。同時に、相違点を認め、お互いから学び合える。私がこのブログでいつも書いている、異文化感受性を高いレベルで持っているかどうか、ということです。

どうでしょうか。みなさんのリーダーはどうですか?4つの資質それぞれについて、ぜひ目を向けてみてください。ここしばらくは、私はアメリカ大統領選を観ながら、この4つの資質について観察しています。

もうひとつ加えて言うならば、自分の周りのリーダーたちの4つの資質を観察することで、要するに、自分自身がしっかりとこれらの資質を育てていかなければいけない、ということですね。・・・と思うたびに、私自身、反省したり、恥じ入ったり、畏れ入ったり、ばかりですけれど。

 

Antiではなく、Forのリーダーシップを。

2016年5月6日 § コメントする

私にはこだわりがあります。

異文化感受性教育、ダイバーシティ&インクルージョン組織戦略などの枠組みの中で仕事をしていますが、なかなか実際のところ、何の仕事なのかわかりにくいと言われることがあります。いろいろな人が、いろいろな解釈をした上で、仕事のお問い合わせをくださいます。

「ダイバーシティ・トレーニングをしてもらえますか?」

「偏見に関する研修はしていますか?」

「企業のグローバル化のコンサルティングはできますか?」

「大学で異文化感受性アセスメント(IDI)を導入したいんですが、どこから手をつければいいですか?」

などなど、などなど。様々。

そんなお問い合わせにお応えしていく中で、「私にできること」の説明をするとともに、時には「私にはできないこと」そして「私はしないと決めていること」についても説明が必要になることがあります。

そのうちのひとつ。私はしないと決めていることのひとつは、英語で Anti-Racism Training と呼ばれるタイプの仕事です。

Anti(反対する、反対の)Racism(人種差別主義)Training(研修)

要するに、人種差別をなくそう!ということが趣旨なわけですが、これがまたややこしいのです。往々にして、ネガティブな印象を与えます。このアプローチをとると、参加者の中には自分なりの解釈をして、

「私のことを人種差別者呼ばわりしないで!」

「こんな研修に参加させられるなんて、私が何をしたっていうのよ!」

といった、反応(反撃?)をしてしまう人がたくさんいるのです。

これまでのアメリカでのこの種の(と大雑把にくくりますが)研修は、Deficit アプローチが主でした。Deficit(不足、足りないもの)は何か明らかにして、それを補えば抱えている問題は解決される・・・という考え方です。

人種差別があるのは、人種差別主義がいかに酷い考え方なのかを理解していないからだ。→ 人種差別主義とは何か、人種差別とはどのような行為や態度を指すのか、これまでアメリカではどのような人種差別が起きてきたのか、をしっかり教え込めば良い。

というロジックですね。このアプローチの研修は、不愉快、そして罪悪感を植え付けるような表現を多用しがちなのです。

vertical - swirl

だから、私はしない。反人種差別主義研修はしません。

人種差別主義(Racism)に反対・対抗(Anti)するのではなく、

多様性共生、平和、幸せ、愛、そういった、実現したい、拡げたいもののため(For)に仕事をしたいのです。

Antiではなく、For。

Deficit(足りないもの)ではなく、Asset(すでにあるもの)。

人の欠点を指摘するの(だけでは)なく、人のGoodness(善きところ)を伸ばす。

私のこだわりは、ここにあります。

ドナルド・トランプ氏の思想を支持できないのは、このためです。彼は、「再びアメリカを勝たせるのだ」と言います。では、アメリカが勝つために、その対岸で負けるのは誰なのでしょうか?それは、メキシコであり、中国であり、インドであり、そして日本も・・・何度も彼の口から日本への憎悪が語られています。

憎悪や怒りをエネルギーとして事を成そうとするとき、世界は負のエネルギーで満たされてしまいます。

希望と、喜びと、愛と、誇りをエネルギーとして、アメリカという国を導き、他の国々と協働していけるリーダーを、私は望みます。

 

次期大統領候補者の異文化感受性〈私見〉

2016年5月5日 § コメントする

まぁ、普段はね、あまり政治に関する意見はパブリックには話さないほうがいいよ・・・的な、アメリカの社会傾向に合わせているわけです、私も。特に、仕事で何らかの関わりを持つ(かもしれない)方とは話さないですね、政治のことは。

でもね、もうここのところ、どうでもいいような気持ちになっています。

私が民主党寄りの政治的な考えを持っているからという理由で、私とは一緒に仕事ができない!とおっしゃる方があるなら、もう、それはそれでいいです。

アメリカ大統領選、神経の磨り減る思いで成り行きを見守っています。

グリーンカード保持者として、アメリカ人の夫と、二重国籍を持つ息子たちと一緒にアメリカに暮らしていると、思うところはいろいろあります。

trump-clinton

いよいよ共和党は候補者がトランプ氏一人になりました。そして民主党も、ほぼヒラリー・クリントン氏で決まりと言えます。

http://www.cnn.com/2016/05/04/politics/hillary-clinton-anderson-cooper-interview/

先程、ヒラリーの独占インタビューをライブ中継で観ましたが、もうね、政策案に関する民主党・共和党の具体的な違いを横に置いてみたとしても、人としての世界観が違います。

私の推測では、ヒラリーは「受容」寄りの「最小化」の世界観を持ち、周りには最小化および受容以上の異文化感受性を持った人材を置いているのではないかと思います。

対照的に、トランプさんのほうは、「二極化」と「最小化」の間を行ったり来たりする世界観を持ち、お取り巻きも似たり寄ったり。どちらかといえば二極化が強く、最小化の世界観が垣間見られるときも、二極化寄りの最小化のため、ヒラリー陣の最小化とはずいぶん様子が違います。最小化は限られた身内(政治的身内)にのみ利益をもたらす形で使われているということです。もし受容以上の異文化感受性を持った人がトランプ陣営にいたとしても、その力を利己的な目的に使っているとしか思えません。

リーダーとは、リードする人。導く人のこと。

どこへ向かって導くのか、

どんな導き方をするのか、

そこには異文化感受性が大きく関わってきます。アメリカというこの国を、どこへ向かって、どんなふうに導くのか・・・。これまでの大統領選の過程でそれぞれの候補者が発してきた言葉に鑑みたとき、次期大統領候補の世界観が露呈しているのがわかります。

二極化したリーダーがこの国をどこへ導くというのか、暗澹とした気持ちになります。

全てにおいてパーフェクトな力を発揮できるリーダーはいません。そのことは了解した上で、私はヒラリーを応援します。

私がリーダーを観察するとき、注目しているファクターは4つ。そのことについても書きたいのですが、今日はここまで。今日のインタビューでの発言についても書きたいんでした。なにしろ、このトピックについて書くのは精神的に疲れます。また気を取り直して(笑)、後日書きたいと思います。

Where Am I?

異文化感受性を育てるブログ大統領選 カテゴリーを表示中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。