念願の(懸案の?)日本語情報

2018年3月23日 § コメントする

一昨年あたりから、少しずつ日本国内でのお仕事をいただくようになり、たくさんの方から

「日本語での情報はどこにありますか?」

というお声(課題)をいただいていました。

 

ひとつ目の懸案は、弊社の情報がない!という件。

インターカルチュラリストという会社をアメリカのミネソタ州で登記して経営していすが、創立以来、ほぼアメリカ国内のクライアントと仕事をしてきました。そのため、会社ホームページはずっと英語のみ。これでは、日本のみなさんにはなかなか親しみを持っていただけませんよね・・・。

もうひとつの懸案は、異文化感受性に関するリソースがない!という件。

IDC in Japanese

「何かいい本を紹介してください」

と言われることも少なからずあります。が・・・。ない。というのが現実。日本語で書かれたもので、

読みやすいもの(研究論文ではないもの)となれば、残念ながら私の個人ブログしかありません。と、お答えするしかないのが現状です。

異文化感受性という言葉自体が、普段使う日本語の語彙にありませんものね。

 

と、いうことで。

このふたつの懸案、どうにかしなあかんやろ。と、今年は腹をくくりました。まず、弊社のホームページのデザインを一掃することにしたのを機に、念願の日本語ページをつくることとしました。現在のところはまだまだ少ない情報量ですが、これからも少しずつ追加していく予定です。基本的な情報をまずアップしましたので、どうぞ見てやってくださいまし。

http://www.interculturalist.com/japanese/

 

異文化感受性に関してのリソースについては・・・、もう少し時間はかかりますが、

本にします!hand-laptop-notebook-typing.jpg

 

(あー、ゆうてもたでー。)

現時点では、全体の構成と、冒頭部分ワード文書5ページ分しか書けていませんが、ちょっとがんばって書いてみます。

ときどき、

「がんばってる~?」「書いてる~?」

と、応援がてら訊いていただければ励みになります。よろしくお願いします。

 

書き終わったら早くリソースとしてアクセスしていただけるようにしたいので、自主出版でもさくっと出すつもりですが、日本の出版社から出せるかもよ~、紹介してあげるよ~、という方がもしいらっしゃれば、お力添えをいただければ光栄です。

 

 

広告

「うちのママの英語はアクセントないよ」

2017年1月4日 § 2件のコメント

・・・と言って、友達に驚かれたそうです。うちの長男。

 

面白いですねぇ。

先日、友達のアダムの家に、泊りがけで遊びに行っていた長男。いつもの仲良し3人組で、冬休みになったら実行しようと以前から企画して楽しみにしていた、2泊3日のビデオゲームし放題、映画観放題のお泊り会でした。

lotus-series-01-751501-s

「どうしてママの話になったのか忘れちゃったけど・・・」

と言って長男が

今日話してくれたのは、私のアクセント(訛り)の話。

アダムが「おまえのお母さんのアクセントがさぁ・・・」というような話をするので、長男は驚いて、

「え?うちのママの英語、アクセントないよ」

と、きょとんとして返したそうなんです。

それに驚いたのがアダム。

「えー、すごい強い日本語アクセントでしゃべってるよね!」と。

私、自分でもアクセントあると思うんですよ。確かに、日本人の英語の平均的アクセントというものがあるとすれば、私のアクセントは弱いのかもしれません。ほとんどネイティブだね、と言われたことも、ないこともないです。

でもね、私は日本語アクセントの英語が良くないとは全く考えていないので、日本語アクセント丸出しで英語を話していると思うんですよ。

akiko-holding-noa
赤ちゃんだったときの長男と私。日本で暮していた頃。

この出来事で非常に興味深く思ったのは、私の英語を身近で聞いて育った長男が、私の英語のアクセントに気づいていなかった、ということ。

これはどういうこっちゃ?と、思いましたよ。

自分の母親のことは、なかなか客観的に観察できない・・・といったことなのかしらね?

 

 

Where Am I?

異文化感受性を育てるブログ言語 カテゴリーを表示中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。